食の安心安全

しっかりと中身を守るガラスびん。あなたの健康も守っているんです。

わたしたちは、いろいろなものの脅威にさらされています。特に、食べ物など、私たちが口にするものへの注意はいくらしてもしたりないほど。食べ物を入れる容器も、当然、安全性は重要です。ガラスびんは、オール天然素材。だから本当に安全な容器なのです。

食べ物が、素材や原料にこだわるのは、当たり前。びんも、これまでずっと、天然素材にこだわっています。

ガラスびんの原料は、圭砂・石灰・ソーダ灰といった、自然に存在するものばかり。「天然素材」にこだわっているというゆえんはそのにあるのです。
また、現在は、省エネルギーやCO2の排出量削減のため、びんを細かく砕いた「カレット」が主原料に。カレット使用料も現在では9割にものぼっていますが、当然カレットも天然素材。
ガラスびんのリサイクルは、天然素材だけでできているんです。

天然素材でできた容器だからこそ、環境ホルモンにも安心

長い年月をかけて、人の体を蝕んでいく恐怖。それが環境ホルモンの怖さです。
また、環境ホルモンだけではなく、健康を損ねる物質は数多くあります。
はるか紀元前から使われ続けていることは、安全の証明。それがガラスびんの良さのひとつです。

ガラスびんの化学的安定性

業界8社(1998年当時)が生産しているガラスびん(無色、茶色、エメラルドグリーン、黒色、イエローグリーンの五種類)の組成分析を行なった。代表例として茶色のびんの組成を表1に示す。

組織 会社名 A B C D E F G H
  SiO2 71.425 71.810 71.387 71.175 71.400 71.008 69.874 72.766
Al2O3 2.318 2.360 2.368 2.569 2.450 2.286 2.804 2.096
Fa2O3 0.285 0.250 0.254 0.231 0.251 0.241 0.237 0.235
TiO2 - 0.063 0.065 0.078 0.019 0.059 0.074 0.055
CaO 10.489 10.340 10.598 10.630 10.840 10.351 11.070 10.505
MgO 0.446 0.440 0.518 0.598 0.320 0.690 0.466 0.313
Na2O 13.525 13.520 13.266 13.472 12.950 13.681 13.727 13.008
K2O 1.166 1.080 1.151 0.971 1.330 1.187 1.321 0.915
SO3 0.061 0.042 0.077 0.049 0.070 0.087 0.090 0.048
合計 99.714 99.905 99.684 99.773 99.630 99.590 99.663 99.941

びん外面からの溶出物質

表面処理 ノニルフェノール ビスフェノールA スズ
界面活性剤処理 ND ND ND
ポリウレタン樹脂処理(A) ND ND ND
ポリウレタン樹脂処理(B) ND ND ND
スズ化合物(C) ND ND ND
スズ化合物(D) ND ND ND

注1、(A):層ワンウェイ(B):2層リターナブル
注2、(C):原料/4塩化スズ(D)原料/モノブチルスズ
ND:検出せず(10ppb以下)
試験分析:(社)日本食品衛生協会食品衛生研究所